2014年9月24日水曜日

自転車でタイムスリップ~有岡城址



こんばんは
昨日は秋晴れだったのに 今日は不安定なお天気。
台風に備えてたらどっか行っちゃった

さて、
大河ドラマも秀吉が天下統一を成し遂げてまいりましたが

兵庫県伊丹市にある有岡城趾をたずねてきました。
荒木村重によって黒田官兵衛が幽閉されたところですね。


家からは 自転車コースでした。
 



残されている石垣



井戸


大河ドラマでは
荒木村重が妻子を残して自分だけ逃げた?とされていました。
実は逃亡説は歴史事実とは違うのだ!と地域歴史ボランテイアの方々に囲まれたパパさんでしたが
詳しい~説明を受けました。(ここでは 省略~)
ホントは 援軍を求めに出かけていったそうで
逃亡説を覆す新事実の書簡が見つかったそうですが。

そして なぜ官兵衛を幽閉したのか?
生かすためだった!とか。。

今みたいに メールやラインがあったら 歴史もまた変わってたかも。。
 

荒木村重の汚名返上を熱く語るボランテイアの方々
私としては 村重役の田中哲司さんが 
いい味だしてるわ~って思うの。

ちょっとタイムスリップしたみたいで ワクワクしました。

2 件のコメント:

  1. 有岡城の牢獄に捉えられた官兵衛を、加藤重徳が色々と世話をしてくれました。
    官兵衛はその恩に報いるため、有岡城の戦いで村重が敗れて没落した後にその子一成を自分の養子として迎えています。
    一成は長政の弟のように育てられたといいいます。

    村重の嫡男も生きていましたね。

    戦国の世、
    生と死は、隣り合わせ。
    すさまじいです。

    返信削除
  2. はなこころさん

    コメントありがとう~♪

    村重の嫡男は浮き世絵師になったのでしたね。再会の場面は泣けましたね
    これから、天下分け目と時代が動いていくのですねー。

    返信削除